記事一覧
求人一覧

看護師の派遣と資格の基礎ガイドのおすすめ記事



派遣看護師としての働き方


正規雇用という形に縛られずに自分の都合に合わせてあえて非正規雇用という形を取る人も増えてきています。さまざまな業種に非正規雇用というものが導入されており、人材不足がいつも言われている看護師もその一つです。

非正規雇用の中でも派遣契約を結んで病院で働く看護師も増えてきています。派遣契約とは病院と直接雇用契約を結ぶのではなく、派遣会社との間で雇用契約を結びその派遣会社から各病院に配属されるような形で働く働き方です。

派遣会社と登録を行うと仕事が紹介される仕組みになっており、個々の給与や勤務時間、就労日数などの雇用条件を見て自分の希望に合うものであればその勤務先で契約を結んで仕事を開始することになります。

仕事は無期限というわけではなく、期限が6か月間など決められておりその期間を終了すると契約が終了するというものです。法律により定められている上限期間までは契約の更新が続けられ働くこともできるようになっています。

正看護師と准看護師の年収について


看護師の資格には、看護師(俗にいう正看護師・以下正看といわれる人)と准看護師(准看)という2種類があります。

看護師の業務について定められた法律によりますと、正看は厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うものとされており、准看は都道府県の知事の免許を受けて、医師または歯科医師、看護師(正看)の指示を受けて、傷病者または褥婦に対する療養上の世話または診療上の補助を行うものとされています。

つまり正看は国家資格を取得したもので自分の意志、自己判断で療養上の世話や診療の補助を行うことができる人のことで、准看は都道府県知事資格を取得したもので指示がなければ療養上の世話や診療の補助を行うことができないので一般の人から見ると違いは見られませんが実際は業務上で大きな違いがみられます。

正看と准看の違いは業務に関する違いだけではなく、年収にも見られるようになっています。




-看護師の派遣と資格の基礎ガイド-